空気で歯がしみる!それは・・・

よく冬にマラソンやランニングをして「歯がしみる!」という経験をされた方はいませんか?
ランニングなどをしなくても、おもいっきり呼吸をして「しみる!」と感じた方も多いはず。
それは、ほぼ知覚過敏です(虫歯などの原因もありますが)。

なにも原因がなく歯がしみることはない

冬で寒いから、誰にでもあること・・・と、放置しないでくださいね。
普通の健康状態なら空気でも水でも、冷たいものはしみません。
知覚過敏が恐ろしいのは、放置してても「あ、治った?」と、しみる症状が出なくなること。
それが一番恐ろしいんです。

知覚過敏と言えど、必ず原因があるんです。
知覚過敏の原因は主に象牙質(歯と神経の間にある層)が小さかれ、外部に露出しているからですが、
なぜ・どういった原因で露出してしまったかを考える必要があります。

具体的な例として、単に歯磨きのストロークが強すぎるなどもよくある例ですが、
恐ろしいのは歯が割れ欠けている、歯周病が進行している・・などです。

歯が割れるのは特別な例ではありません、人はストレスを必ず抱え込んでおり、
無意識に歯を食いしばったりします。それで歯が欠けたり、微妙に割れかけることはよくあることです。
歯の割れが酷くなると、歯自体を抜かなければならないこともあります。

と、恐ろしいことを書きましたが、本当の事実であり、身近な問題です。
たかがしみる程度、たかが知覚過敏・・・我々歯科医師からすると、
知覚過敏もれっきとした「病気」なのですよ。皆さんも気をつけて下さい。

 

グランティース大岡山 院長
吉武 崇 Takashi Yoshitake

グランティース大岡山歯科・矯正歯科院長。大学歯学部卒業後、 矯正歯科講座入局。日本矯正歯科学会 認定医、 指導医 資格取得。グランティース白金台歯科にて一般歯科を学びつつ、矯正専門医にて技術を研鑽後、 大田区 大岡山駅前にグランティースの3店舗目の分院を開院。