2015.01.31

ストレスと口臭の関係

ストレスが歯周病・口臭の原因にも

グランティース大岡山 院長
吉武 崇 Takashi Yoshitake

虫歯や歯周病に注目されがちですが、かなりやっかいなのが「口臭」であります。
なぜやっかいかと良いますと、皆様もご存知「自覚することが難しい」からです。

人間というのは良い意味でも、悪い意味でも「慣れ」という本質があります。
自分のお口の匂いを常に嗅いでいる、匂う状態にあるため、
自分のおくちに変化があっても気づきにくいのです。

ストレスは口臭と大きく関係している

現代社会は特にストレスとの戦いです。
このストレスが密接に歯やお口の中と関係しているお話をしましょう。

特にストレスと歯周病・口臭は大きく関係しています。
ストレスが溜まると人は免疫力や抵抗力が低下し、また歯をかみ締めたり、
体調が悪くなり、唾液の分泌が少なくなったりします。

歯周病も菌の感染によるものとご存知でしょうか。
ストレスが溜まると口腔内の免疫が下がっているため、歯周病菌に狙われやすくなるのです。
また、唾液が少なくなるというのも大変危険です。

唾液は口腔内の洗浄効果=菌と戦う役目を担っているので、唾液が少なくなると
菌が増え、口臭などにも繋がります。
ストレスを強く感じておられる方は口臭や歯周病に要注意です。

グランティース大岡山 院長
吉武 崇 Takashi Yoshitake

グランティース大岡山歯科・矯正歯科院長。大学歯学部卒業後、 矯正歯科講座入局。日本矯正歯科学会 認定医、 指導医 資格取得。グランティース白金台歯科にて一般歯科を学びつつ、矯正専門医にて技術を研鑽後、 大田区 大岡山駅前にグランティースの3店舗目の分院を開院。