2015.02.21

歯周病の進行と危険度

ついつい放置してしまう歯周病

グランティース武蔵小山 院長
吉武 礼子 Reiko Yoshitake

現在では、歯周病や歯槽膿漏は身近な病気になっており、
大人の方だけでなく、若い人たちにも広まってしまっています。
そこで、歯周病の進行具合を詳しくご説明します。

【歯周病の初期】

まず、歯肉(歯の周りを覆っている部分)が炎症を起こします。

・歯磨きの時に血がでる
・朝起きたときに、口臭がする

歯茎が腫れると歯と歯肉との間に溝が出来てしまい、
歯垢(プラーク)がたまりやすくなります。
このような症状がある方は、ただしい歯磨きを実践する、もしくは歯科へ行き、
歯磨き指導をしてもらったり、プラークを除去してもらいましょう。
そうすれば、進行は防げますし、次第に完治します。

【歯周病の中期】

軽度の歯周病です。
歯の周りに歯周ポケットが出来、そこに細菌などがたまっていきます。
その細菌たちは、歯を支える骨、歯槽骨を破壊し始めます。

・歯が少し動く
・歯茎が時々腫れてくる

この段階でも、重症というわけではありません。
(ただし、歯科へ通院することは、この段階でも強くお勧めします。)
歯周ポケットにたまった細菌を除去し、正しく歯磨きをすれば完治の余地があります。

【歯周病の後期】

歯槽骨が1/2から1/3破壊され、歯がいよいよぐらぐらしてきます。
症状としては、「固いものが噛みにくくなる」ことです。
当然歯を支える骨が破壊されてきていますから、固いものが噛みにくく、時には痛みを感じます。
すぐに歯科へ行かなければ、歯を抜かざるをえない状態になります。
この後期の段階でも、症状が悪ければ歯茎を切るなどの、施術をしなくてはいけない場合もあります。

【歯周病の末期】

歯周ポケットがかなり広くなり、歯槽骨も半分以上破壊されてしまいます。
歯の付け根がむき出しになり、そのまま放置すると歯が抜け落ちます。
すぐに歯茎を切開し、汚れを取り除かなくてはいけません。
ひどい場合は歯を抜かなければなりません。

歯周病は普段からある程度気をつければ、そう恐ろしい病気ではないということです。
だからこそ、初期症状がでて気づいていても、放置してしまう・・・そんな方が多いようです。
おかしい!と感じたらすぐ、歯科へ相談することをおすすめします。

グランティース武蔵小山 院長
吉武 礼子 Reiko Yoshitake

グランティース武蔵小山歯科院長。大学歯学部卒業後、開業医 分院長として勤務。審美・ホワイトニング・訪問診療等の技術を磨いたのち、品川区 武蔵小山駅前にグランティースの分院を開院。女性歯科医師ならではの視点で、患者様のニーズに対応している。